「関東地区大学理工系就職研究会」による企業見学会

平成26年12月10日(水)開催致しました
 
今回の見学会は、地元企業と学生の出会いを“作り”“つなぐ”活動を行っていく、地元密着型の 就職支援活動「サガツクナビ」のイベントの一つとして行われました。大学就職課の方々と地元企業との情報交換を行う事によって、地元企業を知っていただき、またお互いのパイプ作りを行う事を目的としました。今後、就職課の方々から学生へ広くPRしていただき、結果的に学生の就活の視野を広げ、また、企業にとっても良き採用に繋がって行けばと思っています。
 
 就職課の方々は【関東地区大学理工系就職研究会】加盟大学から9校9名の方々が参加されました。(神奈川工科大学・工学院大学・玉川大学・千葉工業大学・東京工芸大学・東京電機大学・東京理科大学・日本工業大学・明星大学)

 
 
●企業見学会の内容

訪問企業  スケジュール
株式会社ジャパンセル ・まちだテクノパーク紹介
・ 株式会社ジャパンセル紹介
・ 企業見学
・ 質疑応答
MHIさがみハイテック株式会社 ・ MHIさがみハイテック株式会社紹介
・質疑応答
・ 企業見学
・ 各大学OBの新入社員の方との質疑応答

 
 企業見学会では、各社の事業内容から、特徴や強み等をお聞きした後、工場内を案内していただき、現場の空気に触れてきました。
 
 前半の株式会社ジャパンセルの企業見学では、深澤社長から株式会社ジャパンセルが学生に求める(大学に求める)人物像、なども話して頂きました。また、株式会社ジャパンセルが入っている、まちだテクノパークの紹介も、菅野事務局長からしていただきました。
 

 

 
 
 
 後半のMHIさがみハイテック株式会社の企業見学では、三菱重工と技術協力し、各種エンジン、ターボチャージャ、フォークリフト、特殊車両など数々の製品を社会に送り出して来た実績、またその機械設計に関して詳しくお聞きしました。また見学では設計部、生産ライン、エンジンテスト等を見学させて頂きました。
 また、その他、食堂なども見せていただき、三菱重工グループでもある充実した福利厚生なども伝えていただきました。最後に、昨年入社した、神奈川工科大学と明星大学のOBの新入社員の方からも話を伺い入社後の実情をお聞きしました。お二人とも、しっかりした受け答えと、明るい表情が印象的でした。